ホーム > STAFF BLOG > 2020年7月

STAFF BLOG

アレルギ―の原因での脱毛症と抜毛症の改善・・・3

 

アレルギ―の原因での脱毛症と抜毛症の改善・・・2続き。。。

 

こんにちは

いつも、ご覧頂き有難うございます<(_ _)>

アレルギ―によって沢山の症状が表れる事があり

皆さんの中でも原因がわからず悩んでる方々がいてると思います。

少しでも、その方々にお役に立てればと思いこのブログを日々書いています

また、当店に通いながら改善していくお客さまの症状を公開させて頂く事により

同じ悩みお持ちの方に、お役にたてればとの事で写真公開させて頂き感謝いたしております<(_ _)>  有難うございます<(_ _)>

 

さて、A様の症状が段々と炎症もひいてきて

少しづつ改善に向かい、薬も痒みが我慢できない時に塗布してる感じで過ごしてきました

ホームケア―もしっかり自分にあったケア―方法を見つけては

私に相談して、いけそうならその自分ケアーを実施していて

当店に来られて、1年半が経過しまして。。。。。

 

かなりの改善です

 

当初ご来店されて8カ月後でアレルギーの反動がでた時が

 

R1 11月2jpg R1 11月5 R1 11月6

 

かなり、痒みがあった頃です。

そして。。。

 

1年半後のA様の頭皮、髪の状態です

 

R2年6月1 R2年6月3 R2年6月2

しっかりと、自分の希望とした

自毛を発毛して頂きました

2020年07月19日(日)

アレルギ―の原因での脱毛症と抜毛症の改善・・・2

アレルギ―の原因での脱毛症と抜毛症の改善・・・1続き。。。

 

カウンセリングで、Aさんの希望で

自分の髪をしっかり生やしたい!でした

で、今まで使用してた薬の反動は必ずきますって事を伝えて、

凄く辛くなる事もありますと今後のAさんの改善に向けて

静かにしていたものが動きだすと伝え

改善に向けての施術が始まりました・・・・

人の細胞が変わるのが約3か月で、この3か月間は、頑張って

身体からの老廃物を排出する大事な期間です。

で、Aさんも一旦薬を止めて洗浄に専念し、勿論ホームケアーも頑張って頂きました

洗浄を初めて、約8ヵ月後

 

アレルギ―の反動がきました

その頃が・・・・・

 

R1 11月5 R1 11月3 R1 11月2jpg R1 11月1  今まで、お薬で止めていた

アレルギ―症状で、薬を一時的にやめて頂いた事により、

本来のアレルギーの状態が上記の写真です

痒みと痛みと炎症状態です

 

この状態は、とても痒みがあり、掻き毟るので、赤く炎症したり

傷が絶えなかったので、傷口から他の菌が入ってはいけないので

薬と、洗浄と併用していきました。また

痒みで、イライラしてる事で、少し治まっていた

抜毛症の症状も出て、かなり自分で抜いて髪がない状態にまで抜いてしまった状態でもあります。

私は、この時期の事を

アレルギ―の反動ボーダーラインといつもお客さまに説明しております。

この、状態のボーダーラインを乗り越えれるか?乗り越えられないか?で

髪状態が変わります。

Aさんも、途中  「もう、やめたい」と言っておりましたが

ここは、ご自身で決めて頂いてます。

この、症状を乗り越えたら、次は新しい髪が動きだすので・・・

人の細胞って本当に不思議な事ばかりです。

結果、Aさんは、「ここまで頑張ってきたから、やっぱり頑張ってみる!!」と

この日から、私とAさんのLINEでのアドバイスや家でのケア―方法など、ほぼ毎日していたような気がします。

この状態の時は、誰かに何か聞いて欲しい事や、イライラするから、誰かに

怒りをぶつけたいって気持ちになります。

そんな時に、他人の私ですが言った事で、少し気持ちが

スッキリする事もあります。

でも、本当に頑張っているのはAさん本人です!!!

いつも、この仕事をしてて、

この状態になったお客さまを拝見すると

本当に、強い人だなぁ~っていつも思い、少しでもこの辛い症状から改善させてあげたいって毎回思います。

続く・・・・

 

********************************

現在も、同じような症状のお客さまは当店にいらっしゃいますが

皆さん、自分の状態の改善に向けて、日々頑張っておられます

その気持ちに、私達アドバイザーが、しっかりサポートしないといけないと日々思っています。この店が出来て今年で12年になりますが

脱毛、髪の悩みの方々は日々増えてきております

ただ、元の状態は皆さま悩みなどなかったはず・・・・

では、その悩みは何故出来たのか?って考えると原因があるからなんです

では、その原因は何?ってご自身が理解できると

元の状態に戻る事ができると私達は、思っています。

まずは、ご自身の状態をご理解下さい。

いつでも、お問い合わせ下さいね

 

店のLINEです

1対1トークですので、お気軽にご相談下さいませ<(_ _)>

新しいQR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年07月18日(土)

アレルギ―の原因での脱毛症と抜毛症の改善・・・1

こんにちは(^^)/

梅雨のジメジメ感・・・・・(´;ω;`)

気分がすぐれませんね"(-""-)"

そんな時は頭皮洗浄で、自律神経を整えていきましょう!

さて、今回のお客様のAさんです・・・

元々、アトピーをお持ちの方で

急に髪が抜けて、脱毛が始まったとの事で当店に来店・・・

アレルギ―が酷く、かなりステロイド軟膏を塗布してて

身体、顔にもアレルギー症状が出ており、おでこが

薬の使いすぎで黒く変色しておりました。(T_T)

彼女は、痒みに耐えられないとの事と髪が抜けてきてる事の不安感で

頻繁に薬を塗布していたそうです。(かなりの色素沈着の肌でした)

で、カウンセリングで色々聞いて、カメラで頭皮を見ていくうちに。。。

脱毛症の箇所と、そうでない箇所を見つけました。

どう見ても、抜いてる症状の頭皮です

抜毛症といいます(自分の髪を無意識に抜いてします症状)

で、しっかりとAさんに聞くと

「気持ちが落ち込んだり、イライラしたりすると無意識に髪を引っ張って抜いてしますと・・・」これは、自律神経の乱れなんですね(トリコチロマニア)

脱毛症と抜毛症の2つの症状で悩んでいたそうです。

まず、当店がした施術は、自律神経の安定で、今のAさんの状態は交感神経優位なんで、頭皮洗浄でゆっくりと寝て頂く事が先決!と思い施術開始・・・・

と、同時に脱毛の改善もしていきました。

 

 

当時初のご来店のA様の状態です

image1  image3 image0

左側からの写真は、一枚目、二枚目が、抜いてしまった状態の頭皮です

3枚目は、脱毛の箇所です。

この時既にしっかり、薬を使用してるのとカラーもやり続けていたので

ここで、カラー禁止令を出しました。

薬は、症状が悪化したらつけて下さいと言い、普段なにもなければつけなくてもいいですと、伝えました。

薬を使用してる方々は、症状が無くてもつけないといけないと思っているかたが多く

薬を付けないと、脱毛が治らないと思って一生懸命、薬を付けています

ここが、薬漬けになる原因なんです。

薬で改善する方もいてると思いますが、私の考えは、薬は

一時的に症状を緩和してるだけで、改善させた状態ではないと思っています。

で、Aさんの症状は、髪だけではなく、顔にも出てきており

顔の痒みが酷く特におでこです、そこにステロイド軟膏を塗り続けてしまい

おでこの肌が黒く変色してしまっていました。

全体に、黒味がかった肌になっていました。(色素沈着)

 

頭皮洗浄は、頭だけの施術ですが、植物生薬を使用してる事により

氣・血・水のバランスを整え、身体にもしっかり働きかけます。

 

で、A様の氣を整える、自律神経と血と水の整え、改善にむけ

施術が開始・・・・

洗浄が始まって8カ月後。。。。

 

薬で止めてたアレルギー症状が出始めました。

 

次回に続く・・・・・・

 

 

tomi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年07月12日(日)