ホーム > STAFF BLOG > アレルギ―の原因での脱毛症と抜毛症の改善・・・1

STAFF BLOG

アレルギ―の原因での脱毛症と抜毛症の改善・・・1

こんにちは(^^)/

梅雨のジメジメ感・・・・・(´;ω;`)

気分がすぐれませんね"(-""-)"

そんな時は頭皮洗浄で、自律神経を整えていきましょう!

さて、今回のお客様のAさんです・・・

元々、アトピーをお持ちの方で

急に髪が抜けて、脱毛が始まったとの事で当店に来店・・・

アレルギ―が酷く、かなりステロイド軟膏を塗布してて

身体、顔にもアレルギー症状が出ており、おでこが

薬の使いすぎで黒く変色しておりました。(T_T)

彼女は、痒みに耐えられないとの事と髪が抜けてきてる事の不安感で

頻繁に薬を塗布していたそうです。(かなりの色素沈着の肌でした)

で、カウンセリングで色々聞いて、カメラで頭皮を見ていくうちに。。。

脱毛症の箇所と、そうでない箇所を見つけました。

どう見ても、抜いてる症状の頭皮です

抜毛症といいます(自分の髪を無意識に抜いてします症状)

で、しっかりとAさんに聞くと

「気持ちが落ち込んだり、イライラしたりすると無意識に髪を引っ張って抜いてしますと・・・」これは、自律神経の乱れなんですね(トリコチロマニア)

脱毛症と抜毛症の2つの症状で悩んでいたそうです。

まず、当店がした施術は、自律神経の安定で、今のAさんの状態は交感神経優位なんで、頭皮洗浄でゆっくりと寝て頂く事が先決!と思い施術開始・・・・

と、同時に脱毛の改善もしていきました。

 

 

当時初のご来店のA様の状態です

image1  image3 image0

左側からの写真は、一枚目、二枚目が、抜いてしまった状態の頭皮です

3枚目は、脱毛の箇所です。

この時既にしっかり、薬を使用してるのとカラーもやり続けていたので

ここで、カラー禁止令を出しました。

薬は、症状が悪化したらつけて下さいと言い、普段なにもなければつけなくてもいいですと、伝えました。

薬を使用してる方々は、症状が無くてもつけないといけないと思っているかたが多く

薬を付けないと、脱毛が治らないと思って一生懸命、薬を付けています

ここが、薬漬けになる原因なんです。

薬で改善する方もいてると思いますが、私の考えは、薬は

一時的に症状を緩和してるだけで、改善させた状態ではないと思っています。

で、Aさんの症状は、髪だけではなく、顔にも出てきており

顔の痒みが酷く特におでこです、そこにステロイド軟膏を塗り続けてしまい

おでこの肌が黒く変色してしまっていました。

全体に、黒味がかった肌になっていました。(色素沈着)

 

頭皮洗浄は、頭だけの施術ですが、植物生薬を使用してる事により

氣・血・水のバランスを整え、身体にもしっかり働きかけます。

 

で、A様の氣を整える、自律神経と血と水の整え、改善にむけ

施術が開始・・・・

洗浄が始まって8カ月後。。。。

 

薬で止めてたアレルギー症状が出始めました。

 

次回に続く・・・・・・

 

 

tomi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年07月12日(日)